男声合唱団 タダタケを歌う会

指導者紹介

音楽監督

多田作品の真髄を味わうべく、当会では多田作品に造詣の深い指揮者・髙坂徹氏を音楽監督として招請し、指導を仰いでいます。髙坂先生は多田作品の演奏を数多くされており、日本語の語感を活かす繊細なテンポ設定や、大胆なアゴーギグを用いた表現は、高く評価されています。 多田先生の信頼も厚い髙坂先生の指導の下「徹底した基礎基本」「多田メソッドの体得・具現化」を目指して、団員一同、日々精進しております。

髙坂徹

1981年、立教大学経済学部卒業。在学中、立教大学グリークラブ男声・混声指揮者として活躍。 指揮法を故・北村協一氏、発声法を大久保昭男氏、音楽理論を皆川達夫氏に師事。 又、アラウンドシンガーズ等を通じ長きにわたり故・畑中良輔氏の指導を受けた。 現在、「立教大学グリークラブ」指揮者、「立教大学グリークラブOB男声合唱団」指揮者、 「アラウンドシンガーズ」指揮者、「JFMAグリークラブ」指揮者、「タダタケを歌う会」音楽監督を務める他、 幅広く指揮法の指導にあたっている。 これまで、『ソネット集』『雨』『中勘助の詩から』『白き花鳥図』『わがふるき日のうた』 『三崎のうた』『草野心平の詩から』『北斗の海』『富士山』『尾崎喜八の詩から』等数々の多田武彦作品をはじめ 『ことばあそびうたⅡ』、『ふるさとの四季』、『御誦』、『ブロードウェイ・ナンバー』、『学生王子』、『水のいのち』等を指揮し、いずれも絶賛された。 2005年アラウンドシンガーズのサンフランシスコ公演では、畑中良輔氏の代役として『さすらう若人の歌』を指揮し好評を博した。 特に多田武彦作品では、2003年『叙情小曲集』(詩・室生犀星)、2009年『南國の空青けれど』(詩・立原道造)、2014年『鳥の歌』(詩・三好達治)と 三度の初演指揮を見事果たすなど多田武彦氏の信頼が厚い数少ない指揮者の一人である。 詩の本質を繊細なテンポと音色で表現し、曲本来の持ち味を引き出す音楽創りには定評がある。

アンサンブル・リーダー

コンサート「第弐」の後、団の活動を一層活発にするため、若手の力を登用しよう!という高坂先生の音頭のもと、「アンサンブル・リーダー」という新役職を設置いたしました。 アンサンブル・リーダーは、いわゆる「団内指導者」ですが、従来の団内指揮者やパートリーダーに期待されていた役割を統合し、より自由な形式で、団の音楽面をリードするべく新設された役職です。

現在は4名の若手団員が髙坂先生の指導の下、日々の練習運営や選曲等、音楽面の活動をリードしています。

小池 由幸

栃木県立宇都宮高等学校、早稲田大学第一文学部卒業。高校時代の校内合唱コンクールで多田作品の魅力を知り、学生時代は早稲田大学グリークラブに在籍。タダタケを歌う会にはコンサート第壹から参加、コンサート第参からアンサンブルリーダーとして練習指導等を担当。以降、演奏会の『タダタケ ア・ラ・カルト』ステージ・東京男声合唱フェスティバル等を指揮した。指揮法を高坂徹氏に師事。

吉澤 祐介

東京都立日野台高等学校、法政大学社会学部卒業。学生時代は法政大学アカデミー合唱団に所属し、学生指揮者を務めた。タダタケを歌う会には第陸から参加。指揮法を高坂徹氏に師事。

若井 瞭

立教新座高等学校、立教大学経営学部卒業。学生時代は立教大学グリークラブに所属し、男声・混声合唱指揮者を務めた。タダタケを歌う会にはコンサート第陸から参加。指揮法を高坂徹氏に師事。

小林 昌司

福島県立会津高等学校、早稲田大学文学部卒業。合唱活動は早稲田大学グリークラブに所属し、学生指揮者を務めた。タダタケを歌う会にはコンサート第陸から参加。現在は出身校のOB合唱団はじめ、aedificatores東京、合唱団お江戸コラリアーズ、男声合唱団東鶴(あずまつる)などで活動している。指揮法を小久保大輔氏に師事。

下河原 建太 (現在休団中です)